介護現場で必要な物 | 初心者でも安心|簡単介護ソフトで業務効率化
介護

初心者でも安心|簡単介護ソフトで業務効率化

介護現場で必要な物

老人

利便性がとても高い

介護で必要なものは多くあります。入浴の設備であったり歩行器など、介助に直接必要な物もそうですが、それ以外でも大事なものもあります。それは福祉車両です。福祉車両とは介護が必要な方が乗るために作られた車です。福祉車両は高齢化が進む現在、多くの方が利用しています。なぜ福祉車両が必要なのかですが、足腰の悪い高齢者、障がい者が乗るのにとても楽だからです。多くの車両では車椅子が固定されるようになっており、車が移動している際も車椅子は動かずしっかりとした安全が保てます。また、車椅子が固定されないタイプであっても手すりやステップがあり、乗り降りや移動中の安全が保てます。施設で使用する福祉車両の多くはワンボックスタイプでたくさんの利用者が乗れるようになっていますが、現在では個人で使用するタイプは軽自動車など車種も様々で、車の運転が苦手な家族でも難しくなく運転できるので今現在の福祉車両はとても利便性が良いといえるでしょう。

優先場所と少ない負担

福祉車両のメリットは介助が必要な方安全に利用できるだけでなく、その他にも多く存在します。車両に障がい者マークがあるので、様々な施設の駐車場で優先的に停められます。そして停まる場所も出入りしやすい場所であり、利用する方の移動距離も少なく済みます。また、障がいのある人においては体の変形に伴い、車椅子の形がかわることが多々あります。その際にも車を変えるのではなく、その形状に合わせて固定する機器を変更することが可能です。手動で固定するものから自動で固定する装置にすることもできます。補助も出ますし経済的な負担も少なくできるので、福祉車両はお金掛かると思わなくても大丈夫です。故障の心配もありますが、それについては日々のメンテナンス(ステップの上げ下げの作業音や動きを見極める)をしっかりと行っておけば、安易に故障することはありません。福祉車両はメリットも多く介護が必要な現場では必要不可欠といえます。

Copyright©2015 初心者でも安心|簡単介護ソフトで業務効率化 All Rights Reserved.